本の話~『月の松山』(山本周五郎著)

最近、時代物の小説をよく読むようになりました。
そのきっかけとなったのが本書『月の松山』です。

宮沢りえさん主演のスペシャルドラマ『初蕾』に
ヒガシくんが出ることになり、その原作が収録されていたのが
この短編集でした。

表題作『月の松山』、ドラマ原作の『初蕾』を含む10編からなる
短編集ですが、やはり秀逸は表題作『月の松山』でしょう。

『月の松山』
主人公は一人の武士。
彼は自分が不治の病で、余命がわずかであることを知る。
浪人の子であった彼は、父の死後今はある道場に身を寄せていた。
道場主は病でたおれ、彼が娘と婚姻し跡を継ぐことを望んでいた。
病のことは隠し、師の家の安泰と恋人の幸せのため
自らを醜く装う、その苦渋の心情が描かれている。


『初蕾』
茶屋で働く女性が主人公。
幼い頃に父を亡くし、苦しい生活の末、兄と母を病で失った
彼女は、人を信じることができないでいた。
借金も返し、自分の稼ぎで暮らせるようになった頃、
一人の武士と知り合い恋に落ちる。
身分違いの刹那の恋であった。
刃傷沙汰を起こした恋人が江戸へ去った後、
彼女は身ごもっていることに気付く。


山本周五郎さんの小説に登場するのは
名もなき武士や市井の人たち。
歴史に名を残すようなエラい人は出てきません。
その時代の人々の生活や思いが生き生きと描かれていて、
きっとその昔、この国のどこかでこんな人たちが
生きて、暮らしていたのではと思わせてくれるお話ばかりです。

この本は『初蕾』の原作を読みたくて買いましたが、
『月の松山』に魅かれ、すっかり山本周五郎ファンに
なりました。
ヒガシくんがよいお仕事をしてくれることで、
こういう作品に巡り合えたのだと思うと、彼にも感謝です。


月の松山 (新潮文庫)
新潮社
山本 周五郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月の松山 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



初蕾 [DVD]
ビクターエンタテインメント
2004-04-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 初蕾 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック